日々義父宅へおさんどんをしに行っている。
姑は数年前に逝去、義父宅にはまだ独身義弟が2人住んでいる。
メンズ3人ではご飯の提示やクリーニング洗濯など何かと悲しさすることが多いため自身が覗くことになったのですが、最近は義弟のゼロ人が主人を我が家に入り浸らせるようになってしまいました。
女手があり主人も一緒に食事するなら主人にご飯の予約くらいしてもらえばいいと思うのですが、如何なる練習で育ったのかクッキングがほとんど出来ないらしき。
自身が居ない時は冷凍献立か出来合いの総菜を買い込んで食べていらっしゃる有様。
これでは義父の屈強実情にも問題があるし、さらには義父の偏食も悪化するだけなので只自身がやることに。
しかしこういう義弟の主人は私のことをメイドくんとでも思っているのかまったく何も手伝おうとはせず、ご飯が出来上がってから義弟のホールから出てきて、ご飯が終われば状態を手伝おうともせずに自身がお皿を引き下げるのをむかえるだけ。
最初の頃にレジャーにきていた時ならいざしらず、今では1週ほど泊まり込ん生じることもあるのでいくらほか人であれさすがに相手方ではないだろうと自身は思っています。
義弟は惚れたウイークポイントかまったく文句を言うわけでも無くニコニコと。
自身は主人が現れるたびにイラっとさせられっぱなしだ。
自身とは15才ほど離れた主人ですが、たったの15年でほか人の家でこんなに横柄な所作を出来る子供たちに変化してしまったのでしょうか。
ほか人の家で礼儀作法をわきまえられない人間にはイライラさせられます。