Category: 未分類

元社会人のゲーマーな友人にイラっとした事

 オンライン協力も楽しめる、某狩ゲームで知り合い、リアルでも一緒に遊んだ事もある友人のお話です。

 ゲームで知り合った当初、彼女は社会人でした。夜勤のある仕事だったようで、毎日同じ時間にオンラインになることができない事を気にしていました。
私は「ゲームなんだからできるときに楽しめばいいんじゃないの?」とラインで連絡を取り合い、時間の合うときにはオンラインプレイを一緒に楽しんでいたのですが、だんだんと彼女はゲームにはまり込み、ついには仕事を辞めてしまったのです。

 まず最初にイラっとした事が、「リフレッシュ休暇を取った」と連日長時間のオンラインプレイを始めた事です。結局、リフレッシュ休暇などではなく、退職していたのですが、彼女はその事を最後まで私を含むゲーム仲間には話してくれませんでした。ちゃんとした辞め方をしていなかったのが後ろめたかったのかもしれません。

 次にイラっとした事は、一攫千金を狙い出した事でした。今にして思うと、仕事を退職してしまったため、お金がなくなってきていたのだと思います。
 彼女は「ラインスタンプって儲かるんだって」と一人ではやる気が出ないので、私も一緒にラインスタンプを作って売り出そうと誘ってきたのです。ラインスタンプで一攫千金を掴めたのは、才能のある初期から参入していた人だったり、人気のあるブログやツイッターなどで宣伝する媒体を持っていた人だけだったのですが、薄々仕事を辞めていると勘付いていた私は、彼女のやる気を応援するべく、一緒にラインスタンプを作り出したのでした。

 その結果、またイラっとすることになるのですが、結局完成したスタンプは私のものだけで、彼女のスタンプが売り出されることはありませんでした。「アイディアはあるんだけど悩みすぎて描けない」とゲームの傍に作業することは無理だったようです。

 次に彼女が目をつけたのが、ネットビジネスでした。私は詳しくないのでよくわからないのですが、自分のブログやホームページ、ツイッターなどで商品やサービスの宣伝をするというビジネスだそうです。
 もちろん、有名人でもなんでもない一般の人が、昨日今日立ち上げた無料ブログの日記に人が集まるはずはありません。彼女のブログに設置されたカウンターは回ることはなく、やる気をなくした彼女はブログにテキストを書くことをやめ、広告のみをペタペタと貼りだしたのでした。

 結果、そのブログはペナルティを受け、編集することも削除することもできなくなったそうです。彼女はいたく立腹しており、「たくさん広告を貼ったのが無駄になった! あ?あ、あれを見て誰かクリックしてくれたかもしれないのに。」となぜペナルティを受けたのかも理解していないようでした。

 私はその時点で、彼女とは距離を置くことにしました。一攫千金を夢見るのは個人の自由です。ですが、途中で投げ出してしまう人には、一攫千金どころか、普通に収入を得ることも難しいのではないでしょうか。そのことに気づけない彼女にもイラッとしますが、その事をはっきりと伝えてあげられなかった自分にも、思い出すたびイラッとしてしまいます。コドミンは効果ない?副作用は?体験レビューと口コミ評判は?

ラブライブ!は泣ける作品です

友達からのオススメで、ラブライブ!を観ました。
初めは、ただ可愛い女の子が出てきて歌って踊るだけのアニメかなと思っていたのですが、実際は一話だけで感動できる熱い友情物語でした。
廃校の危機にさらされた音乃木坂学園を救うために、スクールアイドルグループを立ち上げようと必死に頑張る、高坂穂乃果の姿はとても眩しいです。
私もあんな熱い気持ちで、何か一つのものをやり遂げようという姿を見習いたいなと思いました。
また、ラブライブ!を制覇するために、メンバーと協力したり、時にはぶつかり合ったりと、部活ならではのエピソードがうまく盛り込まれています。
このシーンを見ると、私が中学時代にしていた部活のことと重なり合って、なんだか懐かしいような切ないような気分になりました。
そしてこのアニメの何よりの魅力は、回を重ねるごとに、メンバー一人一人が成長していく姿が見えるところです。
初めはそれぞれ個性がなかったり、自分に自信がなかったりと、アイドルらしくない振る舞いでした。
しかし、どんどん仲間が増え互いに高めあっていくうちに、それぞれの得意分野ができたり、友情が芽生えたりと、見ていてワクワクします。
ラブライブ!は終わってしまいましたが、ビデオで何度も見返してしまうくらいお気に入りの作品です。メタルマッスルHMBの効果とは?

フィリピン人の嫁にイラっとをしたこと。

タイトル通り、イラっとうしたこと、と言うかイラっとしっぱなしです。
現在フィリピンに在住して早4年。英語もまったく喋れない私とっては妻はここで生活していくうえでの道しるべで、
今の生活が成り立っているのも、妻が陰ながら私をサポートしてくれたおかげだと思ってます。

さて、本題ですがフィリピンと日本の文化や物の考え方はやはり違います。
細かいことは忘れてしまいましたが、私がイラっとしたことベスト3を下記に書きます。

1、滞在2日目にして、いきなり家を購入する手続きを始めようとしていたこと。
馴れ初めは私が前職で外資系の会社のアウトソースすることが多く、クライアントの外国人とコミュニケーションを持つために、
オンライン英会話を始めた事です。
当時日本に呼ぶ予定でしたが、ビザが下りなかったので私が会社を辞めてこちらで働くこととなりました。
当然、現地での就職活動やワーキングビザもないので、働けない状況です。
その最中、妻がマンションを見に行きたいと言っていたので、見に行くだけならデートも兼ねていいかと思い当マンションに行きました。
そしたら英語で部屋のセールスポイントを説明され、何か書類を出してサインしろ的な雰囲気を醸し出しているセールスレディと嫁。
詳しく話を嫁に聞くと私が家を買うことを了承したことを、私が日本にいる間に約束したのでセールスレディを呼んだとのこと。
当然、そんな約束はしてない、いや約束したとの押し問答となり、挙句の果てに日本人だから金持ちだと思ったとの捨て台詞。
だったら、日本人の全てが金持ちではない。お前の頭大丈夫か?と思った出来事でした。

2、風邪を引いた時の出来事ですが、私の常識ですと薬は水で飲むものだと、今でも思っております。
当時鼻水と咳を拗らせていた私は、薬すら買えなかったので妻にフォローしてもらいました。
薬を買って、昼食を済ませていざ薬を飲もうとしたら、水がありません。
私が妻に「しょうがないから、水買ってきて。」妻「OPO!」(タガログで、はいの意味)
100ペソ妻に渡し、椅子に座っていると待っていると、何やら水を買ってきた割にはちょっと大きめな紙袋。
水をくれと頼んだら、何故かクッキーとスプライトを買ってきた妻でした。
体調悪いので起こる気にもなれず、自分で水を買いに行きました。

3、かなりムカついて日本へ帰ろうか迷ったこと。
上記1,2のように細かいイラっとすることが日常茶飯事的は私の生活。
当然夫婦喧嘩も絶えません。
その中でかなり精神的に傷ついた出来事です。
彼女の連れ子が、彼女の弟の家にお世話になることが多いので、
一度お礼も兼ねて挨拶するべきでは?と提案しました。
昔から彼女と彼女の弟は仲が悪いと聞かされていましたが、母親として自分の子供がお世話になっているので、
彼の事が嫌いでも挨拶はすべきだと主張しましたが、当然の如く却下。
そこからお互いに火が点きだして、口論となりました。

あなたとは別れるとの売り言葉を受けたので、だったら、家賃や生活費を出してない、お前が出てけ。を妻に言い放ち、
彼女の持ち物を玄関外へバンバン放り投げました。その後、彼女は自分の荷物を放置したままどこかへ行ってしまいました。
彼女の息子が自宅に帰ってきたので、理由を話し近所などを探し回りましたが、見当たりません。
仕方なく近くの交番に立ち寄ったところ、いきなり拘留されました。
理由は私が妻を殴った、医者の診断書もある。被害届もでているからお前はここから出られない。とのことでした。
意味が分からず、強行突破しようとしたところ、警察官が銃に手をかけようとしたので、抵抗はやめました。

その後、彼女が交番に到着し、警察官立会いの下医者で反論することがあるのであれば、医者に言えと警察官に言われました。
そもそも殴ってないのにそんなことをする必要がないと拒否したら、罪を着せられ警察署へ1日拘留されました。
義理の息子が現警察トップの元の父親に頼み込み、翌日には出られましたが、今回義理の息子と助けがなければ無実のまま刑務所に送られ、
下手をすれば日本に帰ってこれない状況になってました。

自分が彼女に主張したことは間違ってないとは今でも思ってますが、本当に触れてはいけないパンドラの箱を空けてしまった出来事でした。

警察署の拘留所は4畳半部屋に16人押し込められます。日本でそんな経験のない私は驚くべき体験をそこでしました。
詳細は別の機会に書かせていただきますが、結局のところ無実が証明されここでの犯罪歴もクリアになっていたので一安心でした。

今現在は英語でコミュニケーションを現地の人とやり取りできますし、妻ともうまくいってます。
前述したように今の生活が成り立っているのは、妻の助けがあるからとも認識してますので離婚はしておりません。
やはり日本とは物の考え方が大分違うので、多少は捨てておかないと自分の身が危ないですね。ガクトおすすめのメタルマッスルHMB

住まいに入り浸ってるくせにいつまでもお客様考え分な義弟の恋人

日々義父宅へおさんどんをしに行っている。
姑は数年前に逝去、義父宅にはまだ独身義弟が2人住んでいる。
メンズ3人ではご飯の提示やクリーニング洗濯など何かと悲しさすることが多いため自身が覗くことになったのですが、最近は義弟のゼロ人が主人を我が家に入り浸らせるようになってしまいました。
女手があり主人も一緒に食事するなら主人にご飯の予約くらいしてもらえばいいと思うのですが、如何なる練習で育ったのかクッキングがほとんど出来ないらしき。
自身が居ない時は冷凍献立か出来合いの総菜を買い込んで食べていらっしゃる有様。
これでは義父の屈強実情にも問題があるし、さらには義父の偏食も悪化するだけなので只自身がやることに。
しかしこういう義弟の主人は私のことをメイドくんとでも思っているのかまったく何も手伝おうとはせず、ご飯が出来上がってから義弟のホールから出てきて、ご飯が終われば状態を手伝おうともせずに自身がお皿を引き下げるのをむかえるだけ。
最初の頃にレジャーにきていた時ならいざしらず、今では1週ほど泊まり込ん生じることもあるのでいくらほか人であれさすがに相手方ではないだろうと自身は思っています。
義弟は惚れたウイークポイントかまったく文句を言うわけでも無くニコニコと。
自身は主人が現れるたびにイラっとさせられっぱなしだ。
自身とは15才ほど離れた主人ですが、たったの15年でほか人の家でこんなに横柄な所作を出来る子供たちに変化してしまったのでしょうか。
ほか人の家で礼儀作法をわきまえられない人間にはイライラさせられます。